「GSCトレイル」三条市大崎山のMTBコース

新潟県三条市大崎山にある、MTBショートダウンヒルコース「GSCトレイル」のWEBサイトです。

カテゴリ: 越後MTBcommunity シリーズ戦

11月10日日曜
越後MTBcommunityシリーズ最終戦となる角田浜トレイルSDHR大会が開催されました。



IMGP2526

駐車場では海風が冷たいものの会場となるトレイル内は選手たちの熱気も併せて徐々に暖かくなっていくようです。

IMGP2544




関東やお隣山形県からもエントリーがあり角田浜トレイルは徐々に全国区になってきてますね。

メンズクラスでは第3戦優勝の高校生ライダー斉木選手が急遽当日エントリー。
ランキングの行方がますます楽しみなレースとなりました。

SS1、SS2、SS3と3ステージ用意され、コース中盤では会場全体がほぼ見渡せる独特な雰囲気のなか声援やどよめきなどが選手にも直接聞こえてきます。
メンズクラスのレースは予想通りSS1で、斉木選手が2位以下を1秒以上離してトップをとりますが、つづくSS2、SS3と初代チャンピオンをねらうTJ選手が2本ともトップタイムを!
熾烈な2人の争いにわってはいるように酒井選手のタイムをだしてきてました。

SS1でも1秒37のアドンテージを守り切り斉木選手が優勝、2位はわずか0.7秒差でTJ選手が。
3位に酒井選手が入りました。

75323322_1569248299882305_1523921346571010048_n






レディースクラスは今回2名のエントリー
今回スタートした事で第1戦GSC、第3戦八海山麓MTB大会に参加していた小林選手は年間チャンピオンを確定させていたが、チャンピオンにふさわしくクラス優勝で締めくくりました。
2位には第1戦も2位となった平木選手が。

74890908_2561992597357391_626616920824610816_n





そしてメインのジュニアクラス
関東からの参加者も多く、地元新潟勢も踏ん張りどころ。
年間チャンピオンは山田選手と金子選手の一騎打ちですが全戦参加してる山田選手に対して、第1戦に参加していない金子選手は若干不利か?

レースは平栗選手が全ステージトップタイムで完全優勝、2位に金子選手、こちらも全ステージ2位タイム。3位には優勝した平栗選手の弟、平栗峻選手が入った。平栗峻選手の全ステージ3位タイムでした。
年間チャンピオンは山田選手が守り切りった。

74841939_1038635713143298_6709541624264785920_n








年間順位(ボーナスポイントも累計した総合順位です)




75540011_490647648206696_6665175698723831808_n




メンズ
1 TJ東樹努  155P
2 清塚祐樹  130P
3 橋本康弘  119P
4 白倉寛司  103P
5 八木毅善  100P
6 坂本正彦   98P
7 阿部和博   97P
8 岩崎辰也   96P
8 山下幸生   96P
10大倉晃    95P
11五十嵐哲也  94P
12酒井努    93P
13斉木司    80P
14佐々木信正  64P
15相田達郎   60P
15野上統也   60P
15大倉和人   60P
18實成康治   54P
18大友浩一   54P
20本間章郎   45P
21中川徹    39P
22坂本聡    38P
23守屋翼    32P
24吉川尚人   31P
25外山敦洋   30P
25土田和人   30P
25涌井祥雄   30P
28青柳修一郎  20P
29吉田亮    16P
30田村幸大   10P
31福富哲也    9P
32渡邊匡     7P
32小山太司    7P
34小柳雅之    6P
34渡邉圭亮    6P
34大治泰志    6P
37金子洋     4P
37増田英樹    4P
39小川原圭太   3P
39平栗スティーブン    3P
41石川琢磨    2P
41清水晋     2P
43内山裕太    1P
43阿部充良    1P


レディース
1 小林めぐ実 114P
2 平木光枝  70P
3 佐々木彩奈 25P
3 草間勝美   25P
3 高橋ゆう子 25P
6 栗林野々花  20P
7 實成由香   16P
8 宝輪純子   13P


ジュニア
1 山田琉斗 146P
2 金子聖  125P
3 上石大和 104P
4 小林大恭  97P
5 大倉健人   94P
6 平栗嶺    80P
7 平栗峻    62P
8 横山劉稀   20P
9 宮崎守    16P
10 西坂瑠亜人 11P
11 小林里誌  10P
11 涌井駿佑  10P
11 金子仁   10P
14 倉重莉子   9P
14 細渕彗    9P
16 倉重恭子   8P
17 外山祥大   7P
18 白井聖真   6P





ご参加いただきました選手の皆様、そしてご協力いただきました各レースの主催者ならびにスタッフの皆様、ご協賛商品を提供いただきました企業の皆様、誠にありがとうございました。

第24回八海山麓MTB大会
シリーズ対象レースは19日のダウンヒルレース。

DSC2496


DSC3129


朝方まで降り続いた雨でコース内はマッドコンディションだったがレースが進むに連れて日も指しコンディションは徐々に回復し、後半スタートのマスターズ・エキスパート・キングクラスではタイムも上がって来た。

そんな中、昨シーズンの全日本ユースチャンピオンの斎木司選手が優勝!

ポイントにもかなりの変動があったが、第1戦・第2戦と好成績を残したTJ東樹努選手が今回ポイントこそ逃したもののしっかりボーナスポイントを加算してシリーズチャンピオンに近づいた。

レディースクラスでは高橋ゆう子選手が優勝!第1戦に出場した小林めぐ美選手がポイントを獲得してランキングトップに。ボーナスポイントも獲得して最終戦へエントリーしてくるか注目。

キッズクラスでは平栗嶺選手が優勝!第2戦以降の参戦となる金子聖選手も2位に入りランキングトップを行く山田琉斗選手に追いすがる。
ジュニアクラスの接戦から目が離せない。


ジュニアクラスには中学生までエントリー出来るので、実際のリザルトは佐藤瑞城選手が優勝ですが、チャンピオンシップでは小学生以下なので2位の平栗嶺選手が25Pを獲得。


>>第24回八海山麓MTB大会リザルト


越後MTBcommunity シリーズ戦 3戦[八海山麓MTB大会]終了時点でのランキング
(ボーナスポイントは加算されてません)

SC3099



メンズ
1 TJ東樹努         45P
2 坂本正彦         38P
3 清塚祐樹         32p
3 白倉寛司         32P
5 斎木司             25P
6 五十嵐哲也      24P
6 實成康治         24P
8 橋本康弘         20P
8 青柳修一郎      20P
10酒井努             17P
11吉田亮              16P
12大友浩一          11P
13八木毅善          10P
13田村幸大          10P
15福富哲也            9P
16本間章郎            8P
16坂本聡                8P
18わたなべただし 7P
18阿部和博            7P
18小山太司            7P
21小柳雅之            6P
21岩崎辰也            6P
23山下幸生           6P
23渡邉圭亮           6P
25大倉晃               5P
26金子洋               4P
26佐々木信正        4P
26中川徹               4P
29小川原圭太        3P
30守屋翼               2P
30石川琢磨           2P
32内山裕太           1P
32吉川尚人           1P

レディースクラス
1  小林めぐ美       29P
2 佐々木綾奈       25P
2 草間勝美           25P
2 高橋ゆう子       25P
5 平木光枝           20P
5 栗林野々花       20P
7 實成由香           16P
8 宝輪純子           13P

キッズクラス(小学生以下)

1 山田琉斗            48P
2 金子聖               45P
3 上石大和           33P
4 大倉健人           27P
5 平栗嶺               25P
6 小林大恭           24P
7 横山劉稀           20P
8 宮崎守               16P
8 平栗峻               16P
10西坂瑠亜人       11P
11小林里誌           10P
11涌井駿佑           10P
13倉重莉子            9P
14倉重恭子            8P
15外山翔太            7P
16白井聖真            6P


39102464_n



男子クラスでは東樹選手が順当にポイントを重ねる中、清塚選手はミスが響き大きく順位を落とした。GSCでは惜しくも表彰台を逃した坂本選手が優勝!

レディースではGSC出場選手が誰もいない中、草間選手がレディース1位となりポイント争いは熾烈に。

キッズクラスではGSCで唯一スポーツクラスに参加した山田選手、新しいバイクに乗って参戦したがまだ乗り慣れて無いのか?セッティングが出て無いのか?不調のなか金子選手が圧倒的な速さでキッズ1位に!GSC参加した上石選手が山田選手にポイントで追いすがる。

キッズクラスのポイント争いが熾烈になりそうです。

八海山麓MTB大会では19日土曜のダウンヒルレースがポイント対象レースとなります。

タイムが出るのでクラス関係なく、タイムが早い人から順位をつけてポイントを加算します。

参加者の多い大会なのでポイント争いも激化するか?

>>金谷山SSEのリザルトはこちら

越後MTBcommunity シリーズ戦 2戦終了時点でのランキング
(ボーナスポイントは加算されてません)

男子
1 東樹努 45P
2 坂本正彦 38P
3 白倉寛司 32P
4 清塚祐樹 27P
5 五十嵐哲也 24P
6 橋本康弘 20P
7 實成康治 11P
8 八木毅善 10P
9 酒井努 9P
10 本間あきお 8P
10 サカモトサトシ 8P
12 わたなべただし 7P
12 阿部和博 7P
14 小柳雅之 6P
14 岩崎辰也 6P
14 山下幸生 6P
17 大倉晃 5P
18 金子洋 4P
18 佐々木信正 4P
20 守屋翼 2P
21 内山裕太 1P

レディース
1 佐々木綾奈 25P
1 草間勝美 25P
3 平木光枝 20P
4 小林めぐ美 16P
5 宝輪純子 13P

キッズ(小学生以下)
1 山田琉斗 35P
2 上石大和 33P
3 大倉健人 27P
4 金子聖 25P
5 横山劉稀 20P
6 宮崎守 16P
7 小林大恭 13P
8 西坂瑠亜人 11P
9 小林里誌 10P
9 涌井駿佑 10P
11 倉重莉子 9P
12 倉重恭子 8P
13 外山翔大 7P
14 白井聖真 6P

※ボーナスポイントを加算してない速報値です。

角田浜トレイルSDHRのレースレポートとリザルトを追記(11/14)

GSCトレイルショートダウンヒルカップが、11月まで新潟県内の4つのフィールドで行われる「第1回越後MTBcommunity シリーズ」の第1戦として開催される事になりました。

 
「越後MTBcommunity シリーズ」とは、新潟県内の4つのフィールドで行われるそれぞれのDHレースをシリーズ戦としたもので、全4戦のレースの順位に応じてポイントを加算し、越後DHフィールドのシリーズチャンピオンを決めるものです。

最終戦・角田浜にてシリーズ戦の結果が発表される予定です。詳細は今後さらに明らかになりますが、GSCでスタートダッシュをかけ、秋のベストシーズンに県内のフィールドを転戦しませんか?

県外のMTBerが数多く参戦する大会もあり、全国からも熱いと言われている越後MTBcommunityの初代チャンピオンは!?



第一戦「GSCトレイル周年祭・ショートダウンヒル」(9/8)終了

001

MTB初心者のトレーニングをコンセプトに造られた里山コース。
2つのショートDHコースと緩斜の周回コース、パンプトラックがありキッズライダーも楽しめる。

初心者向けのコースも、ペースを上げてのライディングではテクニカルコースに変貌する。


第二戦「上越・金谷山スーパーショートエンデューロ」(9/29)終了

>>金谷山SSEのレースレポート

002


金谷山スーパーショートエンデューロ。新設されたMTBコースだがコース前半は旧陸軍用地の古道を使ったタイトなシングルトラックを走行し、コース後半は国際格式のBMXコースである「金谷山BMXコース」の最終ストレートに合流する他に類を見ない、独創的なコースレイアウト。

※今期のレースではスケジュールの関係で金谷山BMXコースの最終ストレートは使用しません。





第三戦「八海山麓DH」(10/19・20)
終了

>>八海山麓DHのレースレポートとリザルト

003


新潟のDHシーンをリードし続ける、八海山麓DHコース・通称「Sun Rock
本格ダウンヒルコースと国内唯一の常設デュアルスラロームコースがある
本シリーズ戦では、コースも歴史も最も長い。



第四戦「角田浜トレイル・ショートダウンヒル」(11/10)
終了

>>角田浜SDHのレースレポートとリザルト

004


日本海に面する防風林の中の丘に造られた「角田浜トレイル」。
ショートDHコースと本格クロスカントリーコースがあり、新潟市の中心部からのアクセスも良く、休日は多くのMTBerで賑わう。



越後MTBcommunity シリーズへのエントリー方法

4つのステージのレースに、それぞれ出場して頂ければ、「越後MTBcommunity シリーズ」へ自動的にエントリーされます。

最終戦・角田浜にてシリーズ戦の結果が発表される予定です。

※それぞれの4カ所のレースの主催やエントリー方法は異なりますのでご注意ください。
※それぞれの4か所のレースへのエントリーは全て同じ名前でお申し込みください。一部にニックネームなどを使われますと別人と判断されポイントが加算されません。


越後MTBcommunity シリーズのルール・ポイント

4つのステージのレースでそれぞれ順位に応じてポイントが加算されます。

1位 25ポイント
2位 20ポイント
3位 16ポイント
4位 13ポイント
5位 11ポイント
6位 10ポイント
7位 9ポイント
8位 8ポイント
9位 7ポイント
10位 6ポイント
11位 5ポイント
12位 4ポイント
13位 3ポイント
14位 2ポイント
15位 1ポイント

ボーナスポイントで2戦目以降参戦なら30ポイント。
(例)4戦参戦して、全部16位以下でもボーナスポイント加算で90ポイントになります

>>2019最終リザルトは角田浜SDHのレースレポートのページ下部に掲載しています。


 

このページのトップヘ